SEARCH
INDEX
Recommend
ARCHIVES
LINKS
Jamboree Seacher LINKS
同じジャンボリーサーチャーにお乗りでした
現場監督平綱さんのHP
自由と放埓の日々へようこそ
American Motorhome Blog RSS
Econoline Motorhome maintenance
エコノライン修理
※全て確認がとれているわけではありませんがご参考に。

★=CampingcarShop or Builder
○=Import Car Shop

■北海道
★出張修理:ステージアップ札幌

■東北
○青森/青森市 中才自動車修理工場
★宮城/亘理町 デルタリンク仙台
○岩手/盛岡市 兼平自動車

■関東
★茨城/常盤市 アールブイランド

○栃木/宇都宮市 BUBU宇都宮
★千葉/千葉市 ニートRV
★千葉/白井市 東和モータース
○千葉/木更津市 国際自動車
○埼玉/越谷市 ウエストサイドモータース 
★埼玉/深谷市 東和モータース
★東京/武蔵村山市 ボナンザ
○東京都/目黒区 ニューエンパイヤガレージ
★神奈川/横浜市 阿部自動車
★神奈川/横浜市 クラフト

■甲信越
★長野/松川町 ドリームアイランド長野

■東海
★静岡/静岡市 静岡ロッキー
★静岡/袋井市 カスタムワールドハタナカ
○愛知/豊川市 山内自動車
○愛知/岡崎市 Can Do Corp.
○愛知/守山区 thees(ティーズ)
★愛知/名東区 オートリーゼン
○愛知/東郷町 ガレージジェスト
○岐阜/岐阜市 リコーオート
○岐阜/岐阜市 ロータスRV 岐阜サービススポット
○三重/桑名市 ロータスRV 桑名営業所
★石川/白山市 オーシャンドリーム

■関西
★京都/西京区 ALFLEX INC.
★大阪/泉北郡 大森自動車
○奈良/生駒市 Msオートサービス
○奈良/大和郡山市 ロータスRV 奈良営業所
★広島/広島市安佐南区 (有)オートガーデン 大野
★広島/広島市安佐南区 デルタリンク
★広島/東広島市 栄光自動車
○香川/高松市 三和モータース
★愛媛/松山市 アミューズ

■九州
★九州全域 プラムフィールド/提携工場
★熊本 WOT'S
★福岡/筑紫郡 RVウエスタン(出張修理)

■その他
★出張修理:全国 ステージアップ"


エコノラインを整備可能なショップ情報が
ありましたら教えてくださいませ。<(_ _)>


PROFILE
RECENT COMMENTS
SELECTED ENTRIES
OTHERS


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

粋な人生 〜Motorhomeいじりと旅の記録・・・ 

Motorhomeに手を入れる、うまくいってもいかなくても楽しい。
そして、気の向くまま旅に出かける
<== INDEX ==>

motorhome
'95 Fleetwood Jamboree Seacher 24ft====> Spec
ようこそお越しくださいました。マスターのKenryuです。このWebサイトは我が家の動く城『モーターホーム/キャンピングカー』を少しばかりご紹介しています。ごゆっくりご覧になっていかれてください。お気に召した記事などありましたら、コメントいただけますと幸いです。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

2/10-2/12 やぶはら高原スキー場
ひさしぶりのやぶはら2泊3日です。我が家の今シーズンの大目標は、下の息子Ryuのスノボ・マスターなので、この3日間気合を入れて頑張りました。最初の2日間は私、最後の1日はオクサマがコーチです。うちのオクサマ、かなりの鬼コーチぶりを発揮したおかげで、初級者コースの上から下までターンして滑ることができるようになりました。


もう少し、練習が必要ですが、これで家族全員で滑ることができそうであります。(^_^)

これで、私の長かったファンスキー生活にもおさらばできます。(^O^)
|  ----やぶはら高原スキー場 | 18:16 | comments(5) | trackbacks(0) |

2006-2007 やぶはら高原スキー場
2007年、今シーズンも我が家のホームゲレンデは、やぶはら高原スキー場に決定。

今年は雪が極端に少ない(>ヘ<)゜ が、今年は次男のスノボデビューということもあり、初心者ゲレンデだけも雪があればOKとした。やぶはらは人工降雪機とピステン(圧雪車・エビみたいなやつ)の稼動がすばらしいのだろう、下の初心者ゲレンデはほぼ完璧、上のダイヤモンドライナーの方もピステンが動ける範囲はほぼ滑走可能の状況であった。自然雪に任せないといけないところはまだまだ草が見えているような状態なので、上級者にはつらいところだろう。




いつものセンターハウス下の大型車駐車帯をベースにする。





今年からセンターハウスの夜間利用は禁止となっていた。以前は24時間入れたため、防犯上のことだろう。トイレは少し下のミニハウスまで行くことに。


やぶはらから見える木曽駒がきれいです。

|  ----やぶはら高原スキー場 | 10:20 | comments(3) | trackbacks(0) |

2006年スキー/スノーボード
2006年のスキーシーズンですが、今のところ年末年始4日間、1/28〜29、と先週2/4〜5の3回の出動です。

前にも書いておりますが、我が家のホームゲレンデは長野県は木曽谷にあります、『やぶはら高原スキー場』です。

家から下道2時間半、渋滞一切無し、駐車場無料、駐車場からゲレンデ1分、シーズン券激安(家族4人で1シーズン4万円)、フード付クワッドリフト有り、そして、スタッフの方々の優しさで文句無くNo.1となりました。

今年で3シーズン目となります。

いつも↓な感じで滑っております。





子供達もかなり上達しました。これもキャンピングカーでP泊スキー/ボードのなせる技だと思います。

独身の時よりも年間滑走日数が増えましたもん。

|  ----やぶはら高原スキー場 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) |

2005-2006 やぶはら高原スキー場
12/23-12/24 の2日間、いつもの『やぶはら高原スキー場』に滑り初めに行ってきました。今年は豪雪。22日の23時に自宅を出発しR19を入ったところから既に路面は圧雪状態。所々で大型トラックがスリップして坂を登れず大渋滞を引き起こしてました。中央道も中津川ICから通行止めで名古屋方面は大渋滞でした。長野に向かう北向きは逆に車の流入が少ないようで、道はガラガラでした。ただ、圧雪の中、通常なら2時間半もあればいけるところを4時間もかけて行くことになりました。

ゲレンデは12月ではあり得ない絶好のコンディションでした。今年のやぶはらはサンタさん、きつね君がゲレンデを滑っていてお菓子くれたり、宝探しがあったり、かなり面白いです。そうそう、ゲレンデ整備をする圧雪車(スゲーキャタピラのついてる)に子供と乗車体験させてもらいました。かなり刺激的でした。
|  ----やぶはら高原スキー場 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

2005-2006 やぶはら高原スキー場 ファミリーシーズン券Get!
今年もスキー・スノボのシーズンがやってきました。我が家のホームゲレンデは、『やぶはら高原スキー場』です。今年で3シーズン目となります。



今年は、新設されたファミリーシーズン券(42000円/家族4人)を購入して、いよいよ来週デビュー予定です。

そういえば、キャンピングカーを購入した理由の1つがスキーでもあるのでした。もともと、RVに乗っていた頃から、車中泊とコンロでお湯を沸かしていましたから、その延長線にあるようなものです。4年前にはじめてギャラクシーというキャンピングカーを購入した時に、キャンピングカーで行く最適なスキー場を探してみつけたのがこの『やぶはら高原スキー場』なのです。 ‘始事情が良い ▲殴譽鵐任斑鷦崗譴近い センターハウスがきれいでトイレが24時間空いている。 ぅ魁璽垢楽しい  ゥ掘璽坤鷏瑤安い Χ瓩にお風呂がある

これらを基準としました。
‘始事情が良い
国道19号線から20分程度でスキー場と抜群のアクセス。険しい山道などありません。我が家(岐阜県)からですと、ゆっくりで2時間30分程度で高速も使いません。

▲殴譽鵐任斑鷦崗譴近い
やぶはら高原スキー場は、縦長のレイアウトでゲレンデの1番下にセンターハウスがあります。スキー場は縦長レイアウトのゲレンデに沿ってあちこちありますが、キャンピングカーはこのセンターハウスの下に広い駐車場がありますので、そちらがベストです。駐車場から歩いて1分でゲレンデです。長いこと歩く必要がありません。

センターハウスがきれいでトイレが24時間空いている。
きれいなセンターハウスです。

ぅ魁璽垢楽しい
歴史があるスキー場で、子供の時に来たときにやぶはらの壁にドギモを抜かれました。こちらのスキー場、ゴンドラこそありませんが、フード付クワッドリフトを持ち、悪天候でもなかなか楽しめるようになっています。コースもバリエーションにとんでますので結構楽しめます。

ゥ掘璽坤鷏瑤安い
一般的なシーズン券の相場からすると大変良心的です。25000円/大人 12000円/子供 が昨年までの価格でした。今年は、なんとファミリーシーズン券なるものが用意されてまして、家族4人(大人2名、子供2名)でなんと42000円です。大人1名分でその位とるスキー場は多いですから、これはホントに感謝感謝です。

Χ瓩にお風呂がある
近くに温泉はありませんが、たくさんある民宿で入浴させてもらえます。いつもお世話になるのが、『民宿りんどう』さん。こちらの赤カブは絶品です。昨年は花火も見せてもらえて楽しかったです。おにいさん、おねえさんもステキな方ですよ。
|  ----やぶはら高原スキー場 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

2004年・年越しスキー・スノボキャンプ in やぶはら


2004/12/30〜2005/1/1まで、2年目となった『やぶはら高原スキー場』年越しスキー・スノボキャンプに行ってきました。

■やぶはら高原スキー場
我が家(岐阜県)より、R19を延々2時間程北上、木祖村に入り、程なく左折すると、20分程で『やぶはら高原スキー場』に到着する。全線整備され、割と平坦な道で行くことができるため大型モーターホームには最適です。
また、中部地方の日帰り圏スキー場は、東海北陸自動車道の開通で奥美濃エリアが盛況なためか、木曽方面が以前程混まなくなったように感じる。というわけで、ここやぶはら高原スキー場は、正直穴場である。
今年も家族全員分のシーズン券を買って、山篭りの日々です。

■P泊
ここの駐車場はゲレンデの斜面に沿ってポツポツと駐車場が点在する。一般スキーヤーであれば、メインリフトのダイヤモンドライナー下の駐車場がオススメであるが、キャンピングカーでP泊するのであれば、ゲレンデ一番下、スターティングハウスの駐車場がオススメである。スターティングハウスは24時間トイレ・更衣室完備だ。駐車場は広いが、時間が経つと混んでくるため、大型モーターホームであれば、ゲレンデに向かって右側の谷側沿いがベストポジションと思う。2x5サイズであれば、駐車場最前列の一番左側がスターティングハウス入り口に最も近くベスト。

■お風呂
残念ながら温泉ではないようだが、スキー場近隣の民宿でお風呂のみの利用が可能。私のオススメは、スキー場から車で下ること2〜3分程にある、『民宿りんどう』さん。300円/人で利用できるのもさることながら、おばちゃんをはじめ民宿の皆さんが暖かく迎えてくれます。

■トラブルなど

・電気系
もともと、サブバッテリーが1個かつ、少々弱ってきたデルコ・ボイジャー搭載のサーチャーでどこまでやれるか試すつもりだった。アチラでは、フックアップかジェネ回しっぱなしで使用するので、チョビチョビとバッテリーの電気を使うようなことはしないのだろう。

結果は、相当厳しい。初日でバッテリーだけの使用はやめ、日中〜就寝までは車のエンジンかジェネを回した。

アメ車クラスCのFFヒーターは暖房能力もすごいが、消費電力もすごいと聞いていたが、確かに朝まで使うと全然バッテリーがもたなかった。

11.0Vくらいまでストールしてしまうので、単独のエンジンスタートは難しく、メインバッテリーへのエマージェンシースイッチONでエンジンをかけるという状態。

これは、エマージェンシースイッチのところでも書いたが、どう考えても、メインバッテリーとサブバッテリーの考え方が逆なので、こうなってしまう。
精神的によろしくないので、つなぎ替えを検討したい。

騒音だが、まわりの車もエンジンをかけているため、ほとんど気にならない。特にサーチャーのジェネは静かなのだと思う。隣のディーゼル1BOXのアイドリング音の方がなんぼかうるさかった。

・水廻り
途中でウォーターポンプが止まらなくなったため、管が凍結で破損した!と思い、車外に出たところ、ボタボタと車外に清水タンクの水が全て流れてしまっていた。
サーチャーの水廻りは配管が外に直接出ていなかったため、今回は水を積んでいったのだが、それが裏目に出たようだ。修理できるか、、、、、

後日、自宅に戻りテストしたところ、清水タンクの水を入れ、ポンプをOnにすると、左後輪の後ろあたりから、ボタボタと水が落ちる。よく見ると、破損箇所からでなく、排水用のホースから水が出ている。ということは、、、、
室内でそのホースの上あたりを探してみると、クローゼットの一番下の引き出し部のカーペット上に小さいプラスチック製のバルブのようなものがついている。これが引っ張り上がって排水されてしまっていたようだ。

何故、上がったのからわからない。これが凍結防止用弁とも思えないが、、、

何はともあれ、よかったよかった。


■スキーとスノボ
私:ファンスキー
『R』を背負ったり、上の子をHelpしたりするため、昨年よりファンスキーをすることになりました。本当はスノボやりたいです。

妻:スノーボード
スノーボード歴13年のキャリアを生かし、1人で楽しくスノーボードに楽しむ、奥様でした。道具が古い“(*`ε´*)とおかんむりなので、来年は全て新調するそうだ。

長男『K』:スノーボード
昨年はスキーで中級者コースまでは滑れるようになった、『K』。6才の今年、スノーボードにチャレンジ。スキーのようにはいかないようでしたが、自分から『やる』と言った手前、文句をいわずに取り組んでました。

次男『R』:スキー+トライスキー
昨年はパパの背中に背負子で乗っていた『R』。さそがし寒かったでしょう。今年は『K』のスキーを使ってスキー初挑戦。トライスキーという板が重ならないスグレモノを利用したところ、なんと1回目でボーゲン習得。3回目位で家族の中で一番早い『R』でした。

トライスキー



■スキーキャンプとモーターホーム

私は、スキーをやるなら、家族全員で滑りたいんです。よく、お母さんと一番下の子はキッズ用ゲレンデでそり遊びとかありますが、私はイヤなんですね。
家族全員で滑るとなると、子供に滑れるようになってもらわないといけません。
それもあって、集中して泊まりでいけるモーターホームはいいです。

宿泊費と飲食費を節約して、シーズン券を買います。で、とことん滑るんです。

子供はアッという間に上達しますよ。(*^^*)

疲れたら、モーターホームに戻って、ビール飲んで休憩。外が吹雪いてても、中はFFヒーターでポカポカ。ビールでいい気分になりながら、K1見て、PRIDE見て、ジャニーズのコンサートみて、2005年を迎えました。
|  ----やぶはら高原スキー場 | 19:55 | - | - |

リンク・トラックバックに関しての方針
当サイトはリンク・トラックバック共にフリーです。