SEARCH
INDEX
Recommend
ARCHIVES
LINKS
Jamboree Seacher LINKS
同じジャンボリーサーチャーにお乗りでした
現場監督平綱さんのHP
自由と放埓の日々へようこそ
American Motorhome Blog RSS
Econoline Motorhome maintenance
エコノライン修理
※全て確認がとれているわけではありませんがご参考に。

★=CampingcarShop or Builder
○=Import Car Shop

■北海道
★出張修理:ステージアップ札幌

■東北
○青森/青森市 中才自動車修理工場
★宮城/亘理町 デルタリンク仙台
○岩手/盛岡市 兼平自動車

■関東
★茨城/常盤市 アールブイランド

○栃木/宇都宮市 BUBU宇都宮
★千葉/千葉市 ニートRV
★千葉/白井市 東和モータース
○千葉/木更津市 国際自動車
○埼玉/越谷市 ウエストサイドモータース 
★埼玉/深谷市 東和モータース
★東京/武蔵村山市 ボナンザ
○東京都/目黒区 ニューエンパイヤガレージ
★神奈川/横浜市 阿部自動車
★神奈川/横浜市 クラフト

■甲信越
★長野/松川町 ドリームアイランド長野

■東海
★静岡/静岡市 静岡ロッキー
★静岡/袋井市 カスタムワールドハタナカ
○愛知/豊川市 山内自動車
○愛知/岡崎市 Can Do Corp.
○愛知/守山区 thees(ティーズ)
★愛知/名東区 オートリーゼン
○愛知/東郷町 ガレージジェスト
○岐阜/岐阜市 リコーオート
○岐阜/岐阜市 ロータスRV 岐阜サービススポット
○三重/桑名市 ロータスRV 桑名営業所
★石川/白山市 オーシャンドリーム

■関西
★京都/西京区 ALFLEX INC.
★大阪/泉北郡 大森自動車
○奈良/生駒市 Msオートサービス
○奈良/大和郡山市 ロータスRV 奈良営業所
★広島/広島市安佐南区 (有)オートガーデン 大野
★広島/広島市安佐南区 デルタリンク
★広島/東広島市 栄光自動車
○香川/高松市 三和モータース
★愛媛/松山市 アミューズ

■九州
★九州全域 プラムフィールド/提携工場
★熊本 WOT'S
★福岡/筑紫郡 RVウエスタン(出張修理)

■その他
★出張修理:全国 ステージアップ"


エコノラインを整備可能なショップ情報が
ありましたら教えてくださいませ。<(_ _)>


PROFILE
RECENT COMMENTS
SELECTED ENTRIES
OTHERS


05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

粋な人生 〜Motorhomeいじりと旅の記録・・・ 

Motorhomeに手を入れる、うまくいってもいかなくても楽しい。
そして、気の向くまま旅に出かける
<== INDEX ==>

motorhome
'95 Fleetwood Jamboree Seacher 24ft====> Spec
ようこそお越しくださいました。マスターのKenryuです。このWebサイトは我が家の動く城『モーターホーム/キャンピングカー』を少しばかりご紹介しています。ごゆっくりご覧になっていかれてください。お気に召した記事などありましたら、コメントいただけますと幸いです。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

燃料ポンプ修理
 昨年の6月に交換した燃料ポンプですが、ガソリンを満タンにすると、どこからかガソリンが漏れてきていましたので、交換をお願いしたロータスRVに連絡し、修理をお願いしました。

ロータスRV 桑名営業所 => http://www.rotas-rv.co.jp/corporate/kuwana.html

原因を調査してもらうと、予想していた燃料タンクから給油口までのパイプでは無く、燃料ポンプ上部のパッキンからとのこと。今回、燃料ポンプは社外品の持ち込みであったため、パッキンはもともとの燃料ポンプのパッキンを流用していただいたのですが、それがいけなかったようです。

新たなパッキンを発注、取り付けいただき完璧に修理いただきました。


200L近くのガソリンを移しつつ、検証しつつ完璧に修理いただいた工場長と親身になって対応いただいた桑名営業所のY氏に感謝です。

こちらは、国産からアメ車まで、トレーラーからクラスAまで、シャーシからコーチ部まで、ほとんどの対応が可能です。修理方法や部品の手配などもロータスRVのネットワークで対応いただけています。

自宅から1時間程と少し遠くはありますが、これまで、なかなか信頼できるショップが見つからなかったので、当分、お世話になることができそうです。

東海地区の方、オススメします。
|     -燃料ポンプ交換 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

燃料ポンプ交換
真夏の暑い時期になるとトラブルを起こしていたエコノラインの燃料ポンプですが、今年の夏キャラバンを前に交換することにしました。燃料ポンプ&フィルターについては、昨年にアンテナワークスさん(現在、一時休止中)で輸入いただいておりましたので、部品持ち込みで交換いただけるショップを探しておりましたところ、Dr.RVのブランドでチェーン展開されているロータスRV社にて対応いただけるとのこと。三重県は桑名市の桑名営業所にお願いすることになりました。担当のY氏は大変気さくな方で対応も丁寧にしていただき、安心して預けることができました。ありがとうございました。




ロータスRV 桑名営業所にて

1週間程、車を預けて今日、引き取りに行ってきました。

担当いただいた工場長の方によると、車体下側がかなり痛んでいて脱着などとても大変だったとのこと。ご苦労様でした。


取り外した燃料ポンプと燃料フィルター

エコノラインの燃料ポンプは燃料タンク内に浸かっている構造ですので、日本車のそれと比べるとかなり大きいサイズです。

写真の下側の白いプラスチック部分内の燃料ポンプがオーバーヒートを起こす、ということのようです。


ポンプから伸びている針金+先に黒色の浮遊体で燃料残を計測しています。

ということは、

燃料満タン時↓



燃料中間↓


燃料・カラ


となります。

エコノラインの燃料ポンプがオーバーヒートを起こすと、ガソリンを送る燃圧が低くなって、息継ぎやエンストを起こすようになります。燃料でポンプを冷やす構造になっているということは、上の写真の真ん中で燃料ポンプがヒタヒタということになります。

ただ、私の場合、燃料残が3/4であるにもかかわらず、エンストを起こしましたので、しっかりとポンプ全体がガソリンに浸かっていないと充分に冷却できない、ということなのでしょうね。

真夏の炎天下だと、アスファルト路面からの照り返しやエアコンのフル使用で、エンジンルームもかなりの高熱になりますので、リターンを通る燃料も温度が上がり、結果、燃料タンクもかなりの熱を持つことは間違いありません。

で、燃料が少ないとポンプ自体が加熱してオーバーヒートし、エンストする、ということなのでしょう。

私の場合、1度目のトラブルは高速道路で渋滞したケース(燃料残は半分以下位)、2度目のトラブルは山岳路を30分程走ったケース(燃料残は3/4位)、どちらも真夏の気温35度以上の暑い日でした。

2度目の場合は、燃料がそれほど減っていないにも関わらず、発生したのですが、運良くすぐ近くにガソリンスタンドがあったため、満タンにすると、何事もなかったように復活をしました。

また、真夏以外では全く問題ありませんでした。(一応、燃料が1/4減ったら満タンにするようには心がけていましたが・・・)

交換後、燃料タンクに耳を近づけてみましたが、交換前に比べポンプ音が明らかに小さくなりました。交換前はセミの鳴くようなジーという音が大きかったのが、ほとんど無くなったようです。

これで、安心して出かけられますが、なるべく燃料は半分はキープするようにしたいと思います。


交換部品:
・燃料フィルター   GF643(AC Delco)
・燃料ポンプ         E2282M(Airtex)
|     -燃料ポンプ交換 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

リンク・トラックバックに関しての方針
当サイトはリンク・トラックバック共にフリーです。